金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 臨床検査科
臨床検査科
臨床検査科
臨床検査科の紹介
血液検査
生化学検査
免疫血清検査
一般検査
病理検査
細菌検査
生理機能検査
輸血検査
  臨床検査科

部長・科長紹介

川島 篤弘
部長
川島 篤弘
氏名 職名 専門分野
川島 篤弘 部長 外科病理一般、臨床検査


診療内容・特徴

(1)病理検査:
直接患者様にお会いすることは、剖検(病理解剖)以外ほとんどありませんが、当院におけるすべての病理診断を行っています。診断は日本病理学会認定の病理専門医1名により行われています。

(2)組織診断:
内視鏡や手術で採取された組織の標本を作製し診断します。必要に応じて免疫染色を行い、確定診断に役立てています。

(3)細胞診断:
痰、尿、子宮頸部などから細胞を採取し、がん細胞がいるか調べます。

(4)術中迅速診断:
手術中は常に病理医が待機し、対応しています。

(5)剖検(病理解剖):
御遺族の承諾を得て、患者様の御遺体を病理解剖させていただきます。医学の発展のためには、病理解剖は非常に重要な役割を担っています。

(6)臨床検査(検体検査):
患者様から採取した血液、尿などの検体を詳細に調べます。当院では1000を超える項目に対応しており、徹底した精度管理により、正確なデータを提供しています。


地域連携への取り組み、姿勢

(1)手術症例の病理診断は、他施設との情報共有を念頭に、各種取扱い規約に従って、記載しています。病理診断報告書はすべて電子化されており、問い合わせにも迅速に対応できます。
(2)病理標本は、過去の症例を含めて半永久的に保存しており、標本の貸し出しにも対応しています。
(3)CPC(臨床病理検討会)、がん診療部キャンサーボード、開放病床症例検討会など、地域の病院にも参加を呼びかけ、症例をわかりやすく提示することを心がけています。