金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 臨床研究部
臨床研究部
臨床研究部
臨床研究部の紹介
院長より
研究室の構成
年度計画
治験管理室
多施設臨床研究推進室
循環動態研究室
予防・治療開発研究室
生体反応研究室
生化学反応研究室
院内助成研究
公開検討会
倫理委員会
院外研究院の申し込み
研究部へのご支援のお願い
-
  臨床研究部の紹介

臨床研究部長

当院の臨床研究部は平成8年9月に設置され、これまで血管疾患とくに動脈硬化症を研究基本テーマとして活動してきました。平成16年4月の独立行政法人化以降、国立病院機構というネットワークを活かした、治験を含む臨床試験、EBM研究および多施設共同研究への参加の占める割合が増してきています。平成20年4月から臨床研究部は研究対象領域を広くして新たにスタートしました。すなわち、従来の血管病センターと連携した動脈硬化症を基本テーマとした循環器分野の研究を継続しつつ、がん総合診療部門と連携したがん領域、当院が専門医療施設として担当する政策医療分野、そして治験を含む臨床試験領域もあらたに加わりました。出来るだけ多くの職員が参加できる研究環境を整えて行く予定です。

大規模臨床試験は治療法の進歩にとって重要です。治験を含む臨床試験への参加は、試験が終了すれば、有用な治療法の開発、無用な薬物の排除、疾患の病態解明のいとぐちを得る等により治療学に貢献したことになり、医師にとっては効果を確認しながら薬物を用いる習慣をつけることにも役立ちます。患者さんも医師も、できるだけ無理なく参加できるように、当院の治験システム改善の取り組みを行いたいと思います。そのほかEBM研究、ネットワーク研究、多施設共同研究への参加や計画立案など、より大きな研究を通して医学へ貢献するための体制づくりも目指したいと思います。

診療と研究は離れたものではありません。患者さんに診療方針を説明するためには、自分自身あるいは診療科の診療内容を印象としてではなく、客観的データとして把握しておくことが必要ですし、データとしてまとめることで日々の診療を振り返ることも出来ます。そして、発表を通して自分の経験を他の人と共有する。普通に行われているこれらの過程をより効率的に行えるようなシステムを作り、各診療科が自分たちの診療指針を持ち改訂を続けることを援助することも研究部の役割であろうと考えています。
臨床研究を行い医学の進歩に貢献する」とは当院の基本方針の一つです。病院職員の研究に対するモーチベーション向上に少しでも役立てるよう、まず臨床研究部のスタッフが、内容はおよばずとも日常診療の中でデータをまとめ、発表してゆく姿勢を持ち続けるよう努力してゆきます。皆様の参加、ご協力をよろしくお願い申し上げます。