金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 内分泌・代謝内科
内分泌・代謝科/内科
内分泌・代謝科
内分泌・代謝科の紹介
外来診察
スタッフ紹介
糖尿病教室のご案内
糖尿病療養指導士向け研修会
石川県糖尿病連携医指導士認定研修会
  内分泌・代謝内科

医長紹介

氏名 職名 専門分野 外来日
栗田 征一郎 医長 糖尿病、代謝、内分泌 水・木


診療内容・特徴

●代謝疾患
主に糖尿病、脂質異常症などの患者さんを診療しています。糖尿病は生活習慣病の一つで、食事や運動が病気の発症や進展に大きく関わっています。医師のみならず看護師、薬剤師、栄養士、検査技師とチ−ムを組んで、療養指導を行っています。糖尿病の教育入院では三大合併症(網膜症、神経障害、腎症)の検査はもちろん、末梢血管検査、頚部動脈エコーなども検査し、合併症のある方は、眼科や循環器内科、心臓血管外科などの他科と連絡を取り合い早期の治療を行っています。当院は日本糖尿病学会専門医に基づく糖尿病認定教育施設ならびに日本内分泌学会専門医に基づく内分泌認定教育施設に認定されています。

●内分泌疾患
主にホルモンの病気を扱っています。甲状腺の病気の方が最も多く、それ以外にも、脳下垂体、副甲状腺、副腎、性腺などのホルモン器官に異常を認める患者さんを診療しています。 甲状腺吸引細胞診も施行しています。

●メタボリック症候群
内臓肥満を主とし、高血圧、高血糖、脂質異常症などを合併する疾患であり、食事、運動療法による指導を行っています。当院では、内臓脂肪測定器を装備しています。 なお当院は、国立病院機構政策医療ネットワークに参加しており、内分泌代謝疾患の診断、診療指針の確立をも目指しています。


主な対象疾患

糖尿病 (1型, 2型, 妊娠, その他) 脂質異常症、高尿酸血症、 下垂体腺腫(先端肥大症、プロラクチノーマ、クッシング病) 甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、 甲状腺腫、甲状腺癌、 副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、膵内分泌腫瘍 (インスリノーマ、グルカゴノーマ) 副腎疾患 (原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、アジソン病) 性腺疾患


代表的な手術や治療件数

外来糖尿病患者数  約1100名(年)
入院糖尿病患者数  約 180名(年)


地域連携への取り組み、姿勢

開業医の先生方からの御紹介患者さんの治療、ならびに御紹介いただいた開業医の先生方への逆紹介を積極的に取り組んでいます。血糖コントロール不良の糖尿病患者さんで、インスリン導入や経口血糖降下剤の変更等が必要と思われましたら、是非ご紹介いただければと存じます。


地域連携行事

毎週月曜日の午後2:00から地域医療研修センタ-(病棟2F)で糖尿病教室を開いております。 糖尿病とはどんな病気か、糖尿病性合併症とはどのようなものか、糖尿病の食事、運動、薬物療法とはどのようなものか、糖尿病に関する最新の知見とともに患者さんにわかりやすくお話ししています。患者さんだけでなく、どなたでもご参加いただけます。また年3回、糖尿病バイキングを開催しています。ご興味のある方は是非、ご出席下さい。お待ちしています。


兼六会(当院の糖尿病患者会)

平成14年度から続いている公益社団法人日本糖尿病協会に所属している当院の糖尿病患者会です。糖尿病とともに生きる患者さんやその家族が、もっと自分らしくずっと笑顔で生活を送ってほしいという願いから、当院通院中の患者さんを中心に、当院医師や看護師、管理栄養士、検査技師、理学療法士などでの医療スタッフでつくったサークルが「友の会」です。活動内容は、春:総会・講演、夏:ハイキング、冬:料理教室・試食などです。もちろん、参加は自由です。年会費は3000円ですが、当患者会に入ると月刊 糖尿病ライフさかえ(日本糖尿病協会・毎月15日発行:年間6000円)が無料でもらえます。興味ある方は当院スタッフに気軽に声をかけてください。