金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 呼吸器内科/内科
呼吸器内科/内科
呼吸器内科
呼吸器内科の紹介
外来診察
スタッフ紹介
呼吸器内視鏡 最新情報
診療実績
禁煙支援外来
研修医の先生へ
  呼吸器内科

部長紹介

北 俊之
部長
北 俊之
氏名 職名 専門分野 外来日
北 俊之 部長 肺癌、気管支喘息、COPD、禁煙支援外来、感染症 月・火(隔)・水


診療内容・特徴

当科は、日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本アレルギー学会、日本臨床腫瘍学会の認定教育施設であり、より専門的なガイドラインに沿った医療を提供するとともに、「病気」を診るのではなく、「人」を診る全人的医療を心がけています。


主な対象疾患

1.気管支喘息の診断と治療
喘息日記・ピークフローモニタリングを行い、吸入ステロイド薬や気管支拡張薬を中心とした治療を行っています。

2.慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診断と治療
たばこを吸うことにより肺が破壊され(肺気腫)、炎症の生じた気管支は狭くなります(慢性気管支炎)。CTや呼吸機能検査で診断し、薬物療法、包括的呼吸リハビリテーションを行っています。

3.長引く咳に対する診断と治療
専門的な診断方法(気道過敏性試験、咳感受性試験)で、確定診断を行った後、病状に合わせた適切な治療を行っています。

4.肺癌の診断と治療
気管支鏡検査(EBUS-TBNA、EBUS-GSナビゲーションシステム)、CT、MRI、核医学検査で、肺癌の病期診断を行います。呼吸器外科、放射線科、緩和ケアチームと協力し、集学的治療を行っています。

5.びまん性肺疾患の診断と治療
高分解能CT、気管支鏡検査、胸腔鏡下肺生検で確定診断を行い、適切な治療を行っています。

6.呼吸器感染症の断と治療
原因病原菌を同定し、適切な治療を行っています。

7.睡眠時無呼吸症候群の診断と治療
終夜睡眠ポリグラフィーを行い、鼻CPAP療法などの適切な治療を行っています。

8.慢性呼吸不全の診断と治療
肺結核後遺症、COPD、間質性肺疾患などが原因で、慢性呼吸不全と診断された患者様には、在宅酸素療法(HOT)、非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)を行っています。

9.禁煙支援外来


代表的な手術や治療件数

気管支鏡検査は年間200件。抗癌剤治療を施行した肺癌患者は年間60症例(平成20年度実績)


地域連携への取り組み、姿勢
ご紹介いただいた患者様を適格に診断し、治療方針を決定した後、原則として紹介元の先生方へ逆紹介させて頂いております。


地域連携行事

呼吸器内科・呼吸器外科・放射線科合同カンファランスを実施しています(毎週木曜日、17時、血管病センターカンファランス室)