金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
腎・高血圧・膠原病内科
腎・膠原病
腎・膠原病科の紹介
診療・得意分野
外来診察
スタッフ紹介
IgA腎症
家庭血圧のすすめ
高血圧のくすり
関節リウマチの新治療
膠原病・血管炎・難病
治療成績
CAPDをお考えの方へ
先進医療と先端機器
研修医の先生へ
腎生検の方法
北陸扁摘パルス療法研究会
  研修医の先生へ
 
>> 腎高血圧膠原病内科 初期臨床研修プログラム
>> 腎高血圧膠原病内科 後期臨床研修プログラム
>> クリニカルクラークシップ研修内容 (医学部学生さんへ)


腎高血圧膠原病内科 初期臨床研修プログラム

腎臓内科
1.腎疾患の基本的診察法
 a)病歴聴取:特に既往歴・家族歴に注意する
 b)身体所見:特に腎疾患・水電解質・高血圧に関連した他覚的所見

2腎疾患に関する検査法
 a)検尿(特に尿沈さ所見)血液および尿生化学的検査
 b)腎機能(糸球体凍過量、腎血流量,分腎G F R)
 c)尿細管機能検査(濃縮・希釈能,酸排泄能,TRP)
 d)尿中微量アルプミン
 e)腎内分泌検査(レニン・アルドステロン、β2−ミクログロプリン,プロスタダランジン、心房性Na利尿ホルモンなど)
 f)24時間血圧モニター
 g)]線検査(胸・腹部、骨・関節、IVP)
 h)腎・副腎超音波検査
 i)腎・副腎シンチグラム・レノグラム
 j)腎C T・MRI
 k)腎血管造影の評価
 l)腎生検(光顆,免疫蛍光抗体法,電顕所見)
 m) 免疫学的検査
3.主な腎疾患の病態生理と診断
4.腎疾患・高血圧の治療
 a)生活習慣の指導(感熱症,ストレスなど)
 b)食事療法(ネフローゼ症候群,慢性腎不全,血液透析,CAPD)
   (低質白食による腎機能障害の進行防止)
 c)薬物療法(ステロイド(パルス)療法、免疫抑制薬,抗凝固療法,病態に応じた降圧薬の選択・管理)
 d)血液浄化療法(血液透析,血液ろ過,CAPD,血漿交換)
 e)合併症の管理(二次性副甲状腺機能亢進症,腎性貧血など)
 f)腎動脈形成術(PTRA)
 g)水分・電解質異常の病態生理の理解と輸液
5.慢性腎不全の管理
6.腎移植の適応と管理

膠原病科(高澤先生の担当)
1.膠原病の基本的診察法
 a)病歴聴取
 b)身体所見の取り方(特に関節所見、皮膚病変)
2膠原病に関する検査法
 a)尿、血算、血液生化学腎機能肝機能肺機能
 b)免疫学的検査(特に抗核抗体などの自己抗体,ANCA抗リン脂質抗体など)
 c)皮膚遅延反応
 d)リンパ球サブセット
 e)]線検査所見(胸部、諸関節、消化管血管造影唾液腺造影なの評価)
 f)心電図、心エコー
 g)細菌学的ウイルス学的検査




腎高血圧膠原病内科 後期臨床研修プログラム

【診療認定医(U)腎高血圧膠原病コース】

初期研修

内科系基礎共通
内科専門研修T
内科専門研修U
2年
1年
2年

内科専門医の取得
腎臓学会・透析学会専門医の取得を目指す

1.診療科(専門領域)  腎・高血圧・膠原病内科
2.コースの概要
内科系共通の基礎プログラムでは、代謝内分泌内科、腎高血圧膠原病内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科をすべてローテートする。一般内科研修は基礎プログラムの全期間を通して一般内科症例を適宜受け持ち内科系合同検討会に提示することにより行う。ローテート期間は選択したコースの内科は6カ月とし、他の内科はおのおの3カ月とする。基礎プログラム終了時点で認定内科医資格取得準備が完了するものとする。内科基礎共通プログラム(2年間)を終了した後、腎臓内科専門研修T(1年間)および腎臓内科専門研修U(2年間)を実施する。内科基礎プログラムでは、内科専門医の取得を目指した内科全般の高度な診療および一般内科(内分泌、血液内科)、消化器内科、循環器内科などの院内研修を行い、腎臓内科専門研修Tでは、専門領域の診療における基本的な治療・検査手技を学び、腎臓内科専門研修Uでは、腎生検や移植といったより高度な検査手技や強力な免疫抑制療法、専門学会での発表や学術論文の作成を行う。

内科系基礎共通 内科一般の基礎を研修し。内科専門医取得のため、一般内科、内分泌代謝内科、腎高血圧膠原病内科、血液内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、神経内科の研修を行う。選択コースの内科は6か月、他の内科は3か月とする。

○ 腎高血圧膠原病内科専門研修T 
・腎高血圧膠原病内科に必要な基礎的知識の習熟
・腎高血圧膠原病内科に必要な処置手技の習熟
・慢性腎炎と腎不全の診断と治療、急性腎不全の鑑別と治療計画
・血液透析およびCAPD、血漿交換などの血液浄化療法の専門的治療と管理、
・膠原病の診断と治療計画""
・研修生の希望により他機構、ナショナルセンターでの3−6カ月の研修も可能

○ 腎高血圧膠原病内科専門研修U
・腎・高血圧・膠原病内科の専門的知識の習得
・腎・高血圧性疾患・膠原病の診断・検査・治療を理解し、実施できる能力を習得
・腎生検、腎および腎血管超音波検査の手技、CAPD手術などの腎高血圧膠原病・血液浄化療法全般の高度な治療手技および管理
・学術論文(筆頭論文)の作成
・ 学術集会での発表

3.取得資格
日本内科学会認定医・認定専門医、腎臓学会専門医、透析医学会専門医、
4.長期目標
・腎・高血圧・膠原病内科の専門的知識の習得
・腎・高血圧性疾患・膠原病の診断・検査・治療を理解し、実施できる能力を習得
5.取得手技
・腎生検、腎および腎血管超音波検査の手技、血液透析およびCAPD、血漿交換などの血液浄化療法全般の治療手技および管理
6.研修期間  5年間
7.募集人数  2名
8.診療科の実績と経験目標症例数

症例数と手術件数の調査年度

主要疾患
入院数(年間)
目標症例数(5年間)
原発性腎疾患・ネフローゼ
50
25
膠原病(SLE、PNなど)
20
15
慢性腎不全
20
25
急性腎不全
15
二次性腎疾患
10
15
腎移植
保存期慢性腎不全
20
20
本態性高血圧
60
50
二次性高血圧
10

手術

件数(年間)
目標件数(5年間)
CAPDカテーテル植え込み
内シャント作成術
20
経皮的腎動脈形成術(PTA)
腎生検
50
50
血液透析
100
200
血液透析カテーテル手技
50
50

9.診療科の指導体制
診療科医師数/常勤3名、非常勤0名
診療科研修の指導にあたる医師/3名
主として研修指導にあたる医師の氏名/吉村光弘(診療科経験年数25年)
10.コンセプト
腎高血圧専門医、透析専門医を取得するために必要な診断治療技術を習得させる。あわせて、膠原病ならびに不明熱、関節痛、浮腫など総合診療領域についても診療できるような幅の広い臨床医を育成する。
11.一般目標
専門研修領域のみならず、関連領域ならびに一般内科(内分泌・血液を含む)、消化器内科、循環器内科、神経内科をともに症例検討会や抄読会などを通じて研修する。

12.関連領域の研修に関して
施設内での研修/可能  
施設外との交流研修/可能(腎ネット関連施設での研修が可能)
研修領域の決定/本人の意向に沿うようにする      
13.共通領域研修について
腎疾患専門研修(千葉東病院) 透析従事者専門研修(厚生労働省)
内科症例検討会(毎週) CPC、癌検討会 臨床レクチャー(毎月)



クリニカルクラークシップ研修内容 (医学部学生さんへ)
選択学習部門(腎高血圧膠原病内科)

行動目標(SBO):
1.腎疾患の基本的診察法
 a)病歴聴取:特に既往歴・家族歴に注意する
 b)身体所見:特に腎疾患・水電解質・高血圧に関連した他覚的所見
2.腎疾患に関する検査法の理解と実践
 a)検尿(特に尿沈さ所見)血液および尿生化学的検査
 b)腎機能(糸球体凍過量、腎血流量,分腎G F R)
 c)尿細管機能検査(濃縮・希釈能,酸排泄能,TRP)
 d)尿中微量アルプミン
 e)腎内分泌検査(レニン・アルドステロン、β2−ミクログロプリン,心房性Na利尿ホルモンなど)
 f)24時間血圧モニター(ABPM)
 g)]線検査(胸・腹部、骨・関節、IVP)
 h)腎・副腎超音波検査
 i)腎・副腎シンチグラム・レノグラム
 j)腎C T・MRI
 k)腎血管造影の評価
 l)腎生検(光顆,免疫蛍光抗体法,電顕所見)
 m)免疫学的検査
3.主な腎疾患の病態生理と診断ができ、適時上級医に状態報告できること。
4.腎疾患・高血圧の治療方針を組み立てることができる
 a) 生活習慣の指導(感熱症,ストレスなど)
 b) 食事療法(ネフローゼ症候群,慢性腎不全,血液透析,CAPD)
   (低質白食による腎機能障害の進行防止)
 c) 薬物療法(ステロイド(パルス)療法、免疫抑制薬,抗凝固療法,病態に応じた降圧薬の選択・管理)
 d)血液浄化療法(血液透析,血液ろ過,CAPD,血漿交換)
 e)合併症の管理(二次性副甲状腺機能亢進症,腎性貧血など)
 f)腎動脈形成術(PTRA)
 g)水分・電解質異常の病態生理の理解と輸液
5.慢性腎不全の管理
6.腎移植の適応と管理
7.膠原病の基本的診察法
 a)病歴聴取
 b)身体所見の取り方(特に関節所見、皮膚病変)
8.膠原病に関する検査法
 a)尿、血算、血液生化学腎機能肝機能肺機能
 b)免疫学的検査(特に抗核抗体などの自己抗体ANCA抗リン脂質抗体など)
 c)皮膚遅延反応
 d)リンパ球サブセット
 e)]線検査所見(胸部、関節、消化管・血管造影・唾液腺造影なの評価)
9. 総回診・症例検討会で、受け持ち患者の症例提示を行えること。

実習目標(LS):
1. 外来実習「予備診察で担当患者の医療面接を行い,」初診医の診察を見学する」(SOB1)
2. 症例検討会・腎膠原病疾患セミナー参加
3. 腎生検・腎エコー実習
4. 血液透析・腹膜透析・血漿交換療法・腎移植実習
5. 急性血液浄化療法実習

実習評価(EV):
1. 応用基礎配属・応用臨床評価表
2. 診療参加型臨床実習 終了報告書

責任者:吉村 光弘