金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 呼吸器外科
呼吸器外科
呼吸器外科
呼吸器外科の紹介
外来診察
専門外来のお知らせ
スタッフ紹介
診療内容概略
手術件数と治療成績
専門分野・当科の特徴
その他
  呼吸器外科

部長紹介

太田 安彦
部長 
太田 安彦
氏名 職名 専門分野 外来日
太田 安彦 部長 呼吸器外科(気管、肺、縦隔、胸壁) 月・水・金


診療内容・特徴・研究実績



■フレキシブル胸腔鏡(直径5 mm)
当院では直径5mmの最新式フレキシブルファイバースコープ (上図) を導入し気胸、肺癌ほかの胸腔鏡を用いた低侵襲手術を提供している。

<当科における最新導入機器>
H19年度 ビデオ縦隔鏡一式
H20年度 1)*フレキシブル胸腔鏡(細径5mm)
       2) 硬性鏡一式
H21年度 1) 半導体レーザー装置
       2) ポータブル超音波診断装置
H22年度 モバイル内視鏡
H23年度 ネーザルハイフローシステム

<最近の研究実績> ●太田安彦:厚生労働省がん研究助成金「がんの早期診断び予後診断に役立つ腫瘍マーカーの
開発」研究班(班友):肺癌におけるRapid法を用いた術中リンパ節微小転移検出法の
臨床意義
●太田安彦:国立病院機構政策医療ネットワーク研究(研究分野:がん):
肺癌における術中リンパ節微小転移検出方法の確立に向けた総合的研究
●太田安彦, 羽賀新世:第110回日本外科学会総会:ビタミンB2 (RTB) をベースに開発した
センチネルリンパ節診断用新規蛍光トレーサー” R350 ”(平成22)

<臨床論文>
●太田安彦, 古澤高廣:自然気胸に対する吸収性シート1点固定法による被覆術:
胸部外科 65: 1139-1141, 2012
●太田安彦, 鈴木光隆ほか:心膜と肋間筋弁を用いて気管支断端パッチ閉鎖術を施行した
肺癌の1例:気管支学 34: 144-147, 2012



主な対象疾患
肺、縦隔、胸壁、胸膜、気道発生の腫瘍性疾患をはじめ、胸部外傷、膿胸、気胸、嚢胞性疾患など胸部・呼吸器領域における幅広い疾患に対して、外科治療を行っている。


手術・治療件数

photo

地域行事・地域連携

●呼吸器合同カンファレンス
毎週木曜日(午後5時) 放射線科、呼吸器内科の医師との合同カンファレンスのもとにひとりひとりの治療計画をたて、集学的治療が必要な症例に対しては内科および放射線科と連携をとりながら手術とともに化学療法や放射線療法を含めた複合的な治療を計画し、個々の症例ごとに最も適切な治療の提供に努めている。 (診断・治療に苦慮されている症例の持ち込みを歓迎します。参加希望の際は当院地域医療連携室に気軽にお問い合わせ下さい)

●禁煙指導とタバコ害の啓蒙活動
市教育委員会との提携のもと、子供たち(小・中学生)を対象としてタバコ害に関する啓蒙をボランティア活動として実施している。ちなみに平成20〜21年度は金沢市城南中学校、金沢市鳴和中学校、金沢市菊川町小学校、金沢市三馬小学校などに出向し、のべ1,300名の小・中学生にタバコ被害と禁煙指導に関する啓蒙活動を実施した。
(希望があれば日程を調整して市内どの小・中学校にも出向しますので、気軽にご相談下さい)