金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報

TOP > 診療科・部門 > 血管病センター

血管病センター
  血管病センターの紹介



これから求められている医療は患者さんを中心にし、従来の診療科の枠を越えて診療する形態だと言われています。私共は「動脈硬化」による疾患は全身病であり、専門医として病気を見る前に全身状態を理解し、その患者さんに最も差し迫った危険から治療することが大切だと考えています。このため、当院の血管病センターは脳、心臓(冠動脈)、下肢(足)の動脈など全身の動脈病変を診療科の枠を越えて相談し,さらに個々のデーターの分析、集積と研究を行ってきました。これにより、診療の無駄をなくし、患者さんを長く最善の状況に管理し、必要に応じて最適の治療を行い、より質の高い人生を送れるよう努力しています。以下に当センターの活動を示します。

<血管ドック>
当院の各専門分野の機能を集約した、MRI,MRA,心臓・血管エコー検査等の画像診断と最新の脂質(コレステロール)詳細検査により,血管病、特に動脈硬化症に関する精密健診を実施し,動脈硬化病変を早期に発見して,その進展、予防、治療に関する豊富な経験を健康指導に取り入れております。

<心大血管リハビリテーション>
当院では平成19年5月から本リハビリテーションを導入しました。このリハビリテーションは虚血性心疾患の患者様の社会復帰や再発予防を系統的に行うことを目的としたプログラムですが、慢性心不全、閉塞性動脈硬化症、心臓大血管手術後の治療にも有用です。再発予防の観点からは患者様が社会復帰した後も運動療法を継続することが必要です。皆様も是非ご参加下さい。

<血管病センター公開講座>
当センターでは血管病に関する公開講座を開いております.どなたでもご参加できますし,質問も受け付けております。どうぞおいで下さい。最近の公開講座の内容は以下の如くです。
> 2013年 9月 人は血管と共に老いる
> 2012年 9月 「全身的な疾患としての閉塞性動脈硬化症」
> 2011年 9月 「生活習慣病と血管病のかかわり!」
> 2010年 9月 からだにやさしい検査と治療
> 2010年 2月 いびき、不眠、ほうっておいて大丈夫?
> 2009年 9月 足が腫れる、足がむくむ、なぜだろう?どうしよう!
> 2008年11月 めまいいろいろ
> 2008年 1月 ここまで分かる画像診断、ここまでできる血管治療