独立行政法人 国立病院機構 金沢医療センター 看護部

HOME > 病棟紹介

透析室

透析室の紹介

透析室では、入院・外来患者さんの血液透析を主に行っています。ベッド数は17台で2部制を取り入れながら、月曜日~土曜日の6日間で45名前後の透析患者さんを受け入れています。

患者さんが1日のうち、3~5時間以上を過ごすこの透析室では、安全な環境のもとで透析療法が受けられるように5名の専属看護師と病棟看護師1~2名が日々、患者さんたちと接しています。また、透析室には(腎移植)・(腹膜透析)が隣接しており、それぞれ現在3名、3名の患者さんが通院しています。

腎臓内科病棟に併設されたこの透析室では、透析導入前の腎不全保存期から関わりのある患者さんが多いこともあり、特に個別性をいかした細やかな看護援助が行われています。また、毎日の血液透析や隣接の外来から伝わってくる家庭的な雰囲気もこの透析室の大きな特徴のひとつです。

透析センター2