独立行政法人 国立病院機構 金沢医療センター 看護部

HOME > 病棟紹介

病棟紹介

東3病棟

東3病棟

東3病棟は精神科閉鎖病棟です。
患者さんの思いに寄り添う看護につとめています。
専門的な知識・技術により、その人らしくよりよい生活が送れるよう援助しています。
人権に配慮し、看護上で得た個人情報は厳密に保護します。

石川県内で身体合併症患者受け入れの中心的役割を担っています。
こころとからだの両方の障碍を持つ患者さんを積極的に受け入れています。
内科や外科など様々な診療科の医師やスタッフと連携して総合的な治療をすすめています。
院内の他科との連携がスムーズであり、充実した医療を受けることができます。
地域連携室やソーシャルワーカーも加わり、患者さんが速やかに地域に戻れるよう、個々の具体的な生活の視点にたってお手伝いしています。入院中から医師、看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師、理学療法士が合同カンファレンスを行い、退院に向けての生活支援を行っています。
無けいれん電気療法を行っています。
 ・お薬の治療だけでは症状の改善が難しい
 ・お薬の副作用が出やすい
 ・精神症状が重度
 ・お食事が全く摂れない
 ・お話の受け答えが全くできない
 ・自分を傷つけてしまったりほかの人やものを傷つけてしまう
 以上の状態のため、速やかな症状の改善が必要な患者さんや、この治療法を自ら希望される患者さんが対象となります。実際に行う際には呼吸状態や循環状態を評価し、麻酔科と協力して、無けいれんの状態で電気治療を行います。このため、からだへの負担が軽減され、高齢者や身体合併症の患者さんにも安全とされています。
県内でも数少ない光トポグラフィー検査を受けることができます。
光トポグラフィー(近赤外光脳機能計測:NIRS)検査は、頭部に近赤外線を当て、反射してくる光から脳血流(ヘモグロビン濃度)の変化を読み取り、脳の活動状態をリアルタイムに数値化・画像化する検査です。
この検査により、通常の問診だけでは得られない脳機能の客観的な評価を行うことができ、より的確な診断・治療につながることが期待されます。うつ病に対して問診だけではなく、客観的指標が得られる診断の補助検査です。
光トポグラフィー
毎月レクリエーションを行っています。 年間を通じ季節を感じていただけるように、夏祭りや、クリスマス会などを企画しています。