独立行政法人 国立病院機構 金沢医療センター 看護部

HOME > 先輩の声 > 専門分野で活躍する看護師

専門分野で活躍する看護師

感染管理認定看護師 副看護師長 西原 寿代・北川 智

西原 寿代・北川 智

院内での様々な感染症の伝播を防ぐことを目的に、感染管理チーム(ICT)に所属し活動を行っています。患者さんに害を与えない安全なケアが提供できるよう、現場ラウンドや院内研修を通し、職員指導も行っています。また病院内にとどまらず、地域に住む皆さんの感染症予防や対策にも視野を広げて、今後も活動を行っていきたいと考えています。

がん性疼痛看護認定看護師 副看護師長 江戸 稚香子

江戸 稚香子

適切な薬剤を使用すると共に
全人的なケアに努めています。

がん性疼痛看護認定看護師として、疼痛のアセスメントを行い、適切な薬剤を使用すると共に全人的なケアに努めています。活動の一つであるチームラウンドでは患者さまの訴えやカルテを参考に薬剤の検討や評価を行います。専門分野での活動をとおし、これまで以上に患者さまやスタッフから必要とされる機会が増え、やる気と充実感を感じています。

皮膚排泄ケア認定看護師 副看護師長 尾西 恵理

尾西 恵理

その人らしい生活を送れるような
ケアを提供できるように努めています。

皮膚排泄ケア領域(創傷・ストーマ・失禁ケア)の専門的な知識を持ってスタッフ教育を行い、入院患者様だけでなく外来患者様や地域の施設へ帰られる患者様に、充実したケアが継続して提供できるように支援しています。また、定期的なストーマ外来(毎月第1・3月曜日)を担当させて頂き、一人ひとりの患者様が不安なく、その人らしい生活を送れるようなケアを提供できるように努めています。

がん化学療法看護認定看護師 副看護師長 坂倉 喜代美

坂倉 喜代美

がん化学療法看護の質の向上を
目指し努力していきたいと思います。

私たちは平成21年にがん化学療法看護認定看護師となりました。化学療法に伴うさまざまな苦痛を少しでも軽減でき、治療を乗り越えられるよう、医師、薬剤師、ソーシャルワーカー、栄養士等の関係職種と連携しながら支援しています。また、患者さん自身が’自分らしさ’を持ち続けられるよう個々の価値観や希望、気がかりに目を向けることに心がけています。今後も院内スタッフとの相談・指導を通して、がん化学療法看護の質の向上を目指し努力していきたいと思います。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 副看護師長 辻 由香理

辻 由香理

患者さまがよりよい状態で生活の場に戻ることを
支援していきたいと考えています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師として、脳卒中発症後の急性期から病態に応じた早期リハビリテーションを実践し、合併症予防、廃用症候群予防、ADLの向上に努めています。他職種と協働し個別性のあるケアを提供することで、患者さまやご家族の不安を少しでも軽減し、よりよい状態で生活の場に戻ることができるよう支援していきたいと考えています。

集中ケア看護認定看護師 室星 佳子

室星 桂子

ケアの一つひとつが先のQOLに繋がることを見据えて、患者さんの持てる力を最大限に発揮できるようなサポートをさせていただきます

集中治療室に入室される患者さんは、生命に危険が及ぶ重篤な状態にある方が多く、さらなる重篤化や二次的合併症を予防する必要があります。状態の悪化による障害を最小限にし、将来的にその方の楽しみやその人らしさを失わせることがないように、心を込めて今必要なケアを行いたいと思っています。そのために何が出来るのか、何をすべきなのか、看護師をはじめ他職種のスタッフと共に、その患者さんやご家族にとって本当に必要なケアを常に考え、実践していきたいと思っています。

手術室看護認定看護師 副看護師長 須田 さや香

須田 さや香

手術室は患者さんや家族にとって、一番緊張する場所です。希望や不安などいろいろな思いを持って手術を決断されると思います。「初めての手術で怖い」「前に手術をして痛かった」「手術ってどんなことをするの。」などいろんな思いがあると思います。その色々な思いや相談をお聞きし、少しでも安心して手術が受けられるようにサポートさせていただきます。患者さんだけでなく、ご家族のお話も是非お聞かせ下さい。

医療安全管理者(看護師長) 椛田 優子

椛田 優子

病院の理念にある「安全で最良の医療」を患者さんに提供するために医療安全管理者として、情報の把握や問題提起を行い改善に向けて対策をとっています。チーム医療で必要なコミュニケーションを大切にし、風通しのよい環境や体制づくりに努めています。 また、医療安全の基盤をより盤石にするべく医療安全教育として、全職員に対し様々な研修を行っています。

教育担当看護師長 山田 良子

山田 良子

それぞれの看護への思いを大切にし、成長していけるよう支援していきたい。

教育担当師長として、病院および看護部の理念・看護教育理念に基づき、患者様に安全で安心していただける質の高い看護を提供できる看護師を育成することを目的に教育を行っています。
看護師それぞれの看護への思いを大切にし、集合研修と現場での看護を繋いでいけるよう支援していきたいと思っています。また、キャリアラダーを通して一人1人が成長していけるよう働きかけたいと思います。

認知症看護認定看護師 副看護師長 山田 士郎

山田 士郎

認知症の方は入院によって環境が変化することで、様々な不安を抱えていると言われています。認知症看護師として認知症の方の声に耳を傾け、ニーズをとらえた看護を実践することでその方らしい生活を継続していけるように努めています。地域の急性期病院として、近隣の認知症の方や家族の方がこれまで以上に安心して治療してもらえる場になるように努めています。

がん化学療法看護認定看護師 副看護師長 山森 ゆみ・副看護師長 嶽 加奈子

緩和ケア認定看護師 副看護師長 本井 悠子

本井 悠子

患者さんや家族の方に対して
がん医療における様々なつらさに寄り添うこと。

痛みや吐き気、息苦しさ、だるさなどの身体的な苦痛、不安やいらだち、孤独感などの精神的な苦痛、仕事の問題や家庭内の問題などの社会的な苦痛、生きる事への不安や死の恐怖などのスピリチュアルな苦痛を少しでも和らげられるように関わらせていただきます。これからどのように過ごしていきたいか、大切にしていることなどを伺い、患者さんやご家族の方が希望を育むことができるよう一緒に考えています。

地域医療連携室看護師長 魚野 浩美・副看護師長 金田 裕子

地域医療連携室

「ますます地域に必要とされる病院」をめざします。

金沢医療センター地域医療連携室では、退院支援看護師とソーシャルワーカーが協働し、「安心して治療を受けられる救急医療の提供」から「住み慣れた地域への退院調整」まで切れ目のないサービスの提供をめざします。院内臥位の医療関係者と「顔の見える連携」をはかり、患者さん・家族の思いに沿った援助を心がけていきます。

入退院支援看護師 センター看護師長 竹下 奈緒美・副看護師長 山口 雅江

退院支援看護師

安心・安全な退院後の生活について
一緒に考え支援させていただきます。

2012年4月から、退院支援看護師として配置されました。退院調整とは、入院初期から、患者さんの状態をアセスメントしながら、疾病や障害が生活全般に及ぼす影響を把握し、患者さんおよびご家族が望む退院後の生活が可能となるように環境を整えることです。療養・退院に向けての不安や思いをお聞きしながら、社会資源サービスなどの情報提供を行い、安心・安全な退院後の生活について一緒に考えさせていただきたいと思っています。