独立行政法人 国立病院機構 金沢医療センター 看護部

HOME > 教育について

教育について

  • 教育について
  • 教育について
  • 教育について

教育理念

金沢医療センターが提供する医療を理解し、社会人・専門職業人としての認識を高め、質の高い看護サービスを提供できる看護師・地域医療に貢献できる看護師を育成します。

PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)
PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)

看護部では、順次パートナ―シップよる看護体制を実施しています。日々の看護業務をパートナーと組んで実施します。新人看護師もベテラン看護師もお互いが成長できる安心で安全な看護体制です。

静脈注射院内認定制度
静脈注射院内認定制度

看護の専門職としての社会的責任において、静脈注射に関する専門的知識・技術を備え、安全な静脈注射を実施することができる看護師を育成します。レベルⅠ~レベル3bまで段階別の研修です。レベル3b(指導者コース)の研修終了合格者には認定証とバッチが授与されます。

能力開発(研修)の考え方

国立病院機構の理念に沿った看護を実践できる看護師を「NHO-Actyナース」とよんでいます。金沢医療センター看護部の教育プログラムは、国立病院機構能力開発プログラムACTyナースVer.2を元に作成しました。
このプログラムは、「金沢医療センターが提供する医療を理解し、社会人・専門職業人としての認識を高め、質の高い看護サービスを提供できる看護師、地域医療に貢献できる看護師」を育成する事を目的としています。その目的を達成するために、金沢医療センターは、キャリア形成を支援する体制を整えています。
自己の能力を開発し、Actyナースになっていくためには、自分の実践した看護をリフレクションしながら目指す看護に向かってステップアップしていくことが必要です。研修の機会を獲得して自己の成長に繋げましょう。