金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 放射線科 > 放射線治療部門
放射線科
放射線科
外来診察
スタッフ紹介
画像診断・IVR部門
放射線科部門
核医学部門(画像集)


 質問や連絡はこちらまで
 〒920-8650
 金沢市下石引町1−1
 金沢医療センター
 放射線科、内線2138
 TEL: (076) 262-4161
 FAX:(076) 222-2758
  放射線治療部門



『日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会共同認定 放射線治療専門医』が1名常勤し、放射線治療に専従しています。安心して放射線治療を受けて頂けるように、時間をかけて分りやすく説明しています。さらに、常勤の放射線治療室専任ナースが、患者さんに寄り添い、きめ細かい支援をしています。




2012年10月からIGRT装置(画像誘導放射線治療)であるエレクタシナジーが稼働しています。乳房照射や体幹部定位照射を考え、X線エネルギーは4 MV,6 MV,10 MVの3種類を装備しました。同時に、治療計画専用CT(シーメンスEMOTION 6)と治療計画ワークステーション(エレクタ社、Xio ver 4.62)も整備され、高精度放射線治療が可能となりました。2012年には体幹部定位照射も開始しています。
2007年に開始した前立腺小線源治療は、治療計画装置(Spot Pro,ニュークレトロン社)を使用して2015年12月末日まで374例を実施しました。
2015年1月6日から、治療計画装置をOncentra Prostate and Seeds (ニュークレトロン社)にversion upして、気持ちも新たに再スタートしています。





過去5年間の放射線治療患者数は以下の通りです

  2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
外部照射患者数 189 184 172 171 163
(体幹部定位照射) (1) (0) (0) (0) (2)
前立腺小線源治療 54 57 43 51 44
合       計 243 241 215 222 207


●エレクタシナジーの稼動により、肺癌に対する定位照射も開始しました。呼吸同期がマスターできる患者さんを対象に、慎重に適応を見極めながら実施していく方針です。

●水曜日午後に前立腺癌小線源治療を行っています。

前立腺小線源治療 (入院期間は3泊4日)の退院時に、放射線治療専門医が患者さんと奥さん(あるいは、他のご家族)に『退院時指導』を行います。退院後の生活指導や排尿障害に対する対策などを、約1時間かけて説明します。



常勤医師 牧野美琴;放射線治療専門医
水畑美優
治療担当主任技師 松崎和浩
治療担当技師 原田高行 ;医学物理士(2011年)、放射線治療認定技師(2013年)、放射線治療品質管理士(2012年)
治療担当技師 北浦麻起子 ;放射線治療認定技師(2014年)
治療担当技師 林勇樹
中野竜生
放射線治療室
専任看護師
杉村雅子

放射線治療担当医から一言

放射線治療は、"切らずに治す"、"形が残る"、"体にやさしい"治療法です。安心して受けて戴けるように、時間をかけて分かりやすく説明いたします。放射線治療担当技師と協力して、安心・安全をモットーに放射線治療を行っています。
電話、FAX、E mailでもご相談をお受けしています。

放射線治療室専任看護師から一言

癌の治療法として放射線療法は手術療法や化学療法とともに3本の大きな柱の1つとなっています。放射線療法は臓器の形や働きを保ちながら、がんの治療をする事ができる大きな利点があり、がんを完治させる治療からがんによる苦痛の緩和まで、癌治療の幅広い分野で活用されています。また、放射線療法の特徴の1つとして外来での通院が可能です。働きながら、家事をしながら治療が出来る体に優しい治療です。
看護師として毎日治療に立ち会い、患者さんが安全・安楽に治療が終了できるようお手伝いさせていただきます。また治療において起こりうる症状について説明したり、その症状に対しての予防や対応策を患者さんに応じてアドバイスさせていただきます。ご質問やご意見など何かあればいつでも声をかけて下さい。

電話:0762-262-4161(病院代表)、内線2160