金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 泌尿器科
泌尿器科
泌尿器科
泌尿器科の紹介
外来診察
スタッフ紹介
主な疾患に対する治療
小線源治療
  泌尿器科

院長・部長紹介

越田 潔
院長
越田 潔
氏名 職名 専門分野 外来日
越田 潔 院長 泌尿器癌一般 -
三輪 聰太郎 部長 泌尿器癌一般 月・火・木・金


診療内容・特徴

当科はあらゆる泌尿器科疾患に対応していますが、特に以下のような特徴があります。



1.前立腺がんの診断と治療

前立腺がんの早期発見に努め、すこやか検診では市内随一の実績あげています。また近隣の開業医からPSAの上昇を指摘され紹介される症例が増加し早期がんの症例数が増加しています。その大部分において小線源治療が行われ、手術を回避して摘出術と同等な治療実績をあげています。進行がんについてはホルモン療法、抗癌化学療法、緩和医療を含めた集学的治療を行っています。



2.尿路結石に対する治療  

病態に応じて体外衝撃波結石破砕術、経尿道的あるいは経皮的内視鏡下尿路結石砕石術を最新のレーザー破砕装置を導入し行っております。




主な対象疾患

◎尿路性器悪性腫瘍 ◎前立腺肥大症 ◎過活動膀胱 ◎尿路結石 ◎尿路感染症



代表的な手術や治療件数

■年間手術件数(近年における平均件数)(年間230例(小線源治療含む))

体腔鏡下副腎摘出術 2件
体腔鏡下腎腫瘍根治術 5件
上部尿路腫瘍根治術(開放手術) 5件
腎部分切除 5件
膀胱全摘出術 5件
経尿道的膀胱腫瘍手術 50件
前立腺全摘出術 2件
前立腺がん小線源治療 50件
経皮的尿路結石摘出術 5件
経尿道的尿路結石摘出術 20件
体外衝撃波結石破砕術 10件
経尿道的前立腺切除摘術 15件



地域連携への取り組み・行事

尿閉、尿管結石の疝痛発作、精巣捻転など緊急を要する病態に対しては即時対応しております。また前立腺癌すこやか検診においては、越田院長は検診精度管理委員を勤めており、リーダー的存在として活躍しております。県内でいち早く小線源治療を導入し、県内外の病院から治療の依頼を受けております。
≪行事≫がん診療部診療検討会(ISARC)
毎月第2・最終金曜日