金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報
TOP > 診療科・部門 > 眼科
眼科の紹介
眼科
眼科の紹介
外来診察
スタッフ紹介
眼科の紹介
  眼科

医師紹介

長田 敦
医長
長田 敦
氏名 職名 専門分野 外来日
長田 敦 医長 眼科一般、白内障、緑内障 月〜金


診療内容・特徴

外界からの情報の8割は視覚から得られているとされています。眼科ではこの視覚を守るために、様々な検査を行って診断し、手術やレーザー治療を行っています。治療にあたっては蛍光眼底写真、視野検査などの検査結果を用いて十分な説明を行って患者さんとご家族に御理解、同意をしていただいた上で最適な治療を受けていただけるようにしています。また治療後は他の医療機関との連携を大切にして、きめ細かい経過観察を行っています。
初診、再診の一般外来診療は月曜日から金曜日の午前中に行っています。手術日は火曜日、木曜日の午後です。レーザー治療、蛍光造影検査、視野検査などの特殊検査・治療は月曜日、水曜日、金曜日に完全予約制で行っています。



主な対象疾患

眼科疾患全般について診療しています。手術治療は白内障を中心に行い、外眼部疾患、緑内障、網膜硝子体疾患も金沢大学と連携を取りながら取り組んでいます。


白内障:

白内障手術は短期入院を原則として行っていますが、健康状態やその他の点を考慮しながら患者様の御希望に添いたいと思います。手術で使用する眼内レンズは極力最新かつ実績のあるものを採用し、小切開・超音波水晶体乳化吸引術にて良好な手術結果を得ています。


緑内障:

視神経乳頭を注意深く観察し緑内障の早期発見に努めています。視野検査にて視野欠損が確認された患者様には、原則治療開始前のベースライン眼圧を確認してから点眼治療を行い、薬剤効果を確認しながら治療しています。点眼薬で十分な眼圧下降が得られない患者様には、手術加療も行っています。


糖尿病網膜症:

内科と連携をとりながら治療にあたっています。眼科的治療が必要と思われる患者様は原則、蛍光眼底造影検査を行ってから網膜光凝固術を行っています。黄斑前膜を伴う黄斑浮腫や硝子体出血など手術加療が必要な場合は、手術加療を行っています。


眼瞼下垂:

主に加齢やコンタクトレンズの長期使用などにより、瞼を持ち上げる眼瞼挙筋と瞼とをつないでいる挙筋腱膜が伸びて緩むことで、瞼を持ち上げられなくなった状態です。
手術の目的は症状の緩和と、整容上の改善です。
手術は局所麻酔で行い、眼瞼挙筋を短縮することで眼瞼下垂を回復させます。



代表的な手術や治療件数

平成30年度手術件数 :  白内障単独手術380件、網膜硝子体手術32件、緑内障手術16件、眼瞼手術(下垂、内反)28件、斜視手術11件、その他7件、計474件



地域連携への取り組み、姿勢

ご紹介頂いた患者さまに対しては即日初回返事をお出しし、手術患者様は可及的早くご紹介元へお返しするよう心がけております。