禁煙フォーラム石川2012に参加して専門基礎分野「健康論Ⅰ」の授業(喫煙と健康)で5月27日に金沢市女性会館で行われた禁煙フォーラムに1年生全員が出席しました。(健康に影響を与える生活習慣(喫煙と健康))

今日の禁煙フォーラムで話を聞いて、今まで知らなかったことがたくさん知れたし、喫煙することの怖さを感じた。
現在の禁煙などについては、「敷地内禁煙」「建物内禁煙」「完全分煙」「不完全分煙」と4つに分けられる。「不完全分煙」は、仕切りがなく煙が広がってしまうし、「完全分煙」は設備に費用がかかってしまうという問題がある。また禁煙を進めるに問題となるのが、たばこ税が5億6千万と大きな財源となっていることや、現在喫煙は成人にとっては合法であり、「周りに迷惑をかけていない」という意見があることである。
喫煙に対する正しい知識や、自分の体や周りの人に及ぼす影響について、すべての人が理解していくことがとても大事だと思った。そして、禁煙成功者の体験談を聞く機会を持つことで喫煙が減ると思った。禁煙や分煙をもっと進めていき、皆が快適に過ごすことができるようになればいいなと思った。


私が思っていたよりも、たばこは依存性が高いことを知った。そして、社会的に容認されていた過去があることを知った。昔の人は、本当に社会的被害者であると思う。禁煙することは大変なはずなのに、すごいなと思った。私の家族にも喫煙者がいるので、早く禁煙してほしいと思った。