金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報


【骨密度測定

年を重ねることにより、どんな人でも骨の量は減ってきます。

●骨粗鬆症になると次のような症状になります。
【軽度の場合】
立ち上がるとき背中や腰が痛む
重いものを持つと背中や腰が痛む
背中や腰が曲がってくる

【重症になると】 
転んだだけで骨折する
身長の縮がかなり目立つ

●骨粗鬆症になりやすい危険因子は次のとおりです。
1.遺伝に関係するもの
閉経の時期、痩せ型、家族歴
2.生活のしかたに関係するもの
偏食、運動不足、アルコールの多飲、運動不足
3.病気に関係するもの
胃切除、糖尿病、甲状腺機能亢進症、高カルシウム尿症、ステロイド剤投与、原発性副甲状腺機能亢進症、腎不全

当院は最新式の骨密度測定装置を導入しました。
測定を希望される方は、主治医にご相談ください。