金沢医療センター
ホーム サイトマップ 個人情報保護方針 リンク
病院のご案内 患者様向け情報 診療科・部門 医療関係者向け情報

TOP > 病院のご案内 > 院長あいさつ



院長あいさつ
理念と方針
概要
沿革
戸室石だより
院内コンサート
NHO PRESS
血管病センター
がん診療部
外来治療センター
ボランティア募集
貴重な文化財
病院へのご寄附のお願い
イベント
  院長あいさつ
 金沢医療センタ−は金沢市の中心部に位置する、明治6年、1873年に創設された歴史と伝統を誇る病院で、国立金沢病院の時代を経て、平成16年からは国立病院機構金沢医療センターとして活動しています。

 当センターは病床数554床で、国立病院機構「高度総合医療施設」として政策医療ネットワークを推進しています。

当院の特色は「がん」「循環器・血管疾患」を中心に総合的高度医療に取り組みながら、地域医療においても病病・病診連携を積極的に推進し、開放型病床の提供、充実した救急医療体制、がん患者さんを含めた地域包括医療の推進など、地域の中核病院として機能していることです。また、周産期母子医療、身体合併症を有する精神疾患医療にも積極的に取り組んでいます。一方で、臨床研究も推進しており、組織として臨床研究支援体制を整え、質の高い臨床研究に基づいた情報発信に努め、さらに、医師、看護師等、医療人の育成事業として、教育・研修部では地域医療研修センターを充実させ、5疾病・5事業を始め、わが国、北陸地区の医療を支える人材育成を石川県や金沢大学・金沢医科大学等と協力体制を組みながら推進しています。地域医療支援病院・地域がん診療拠点病院・災害拠点病院・臨床研修指定病院等の指定を受け、また、多くの学会の研修指定病院です。

 「私たちは、生命の尊さと人権を尊重し、安全で最良の医療を目指します」を病院理念として、4つの基本方針にしたがって行動しています。「仁・和・知」の精神を大切にし、国立病院機構理念「国民の健康と我が国医療の発展」のために医療の提供・研究・教育を行っていきます。皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。

平成31年4月
院長 越田 潔